ホーム » 子育て » 私の娘1号ちゃんの便秘事件。

私の娘1号ちゃんの便秘事件。

娘が片言の言葉を話せる様になった頃、事件は起きました。朝、私が仕事へ行く準備も終わり娘ちゃんを保育所へ送って行く直前に事件は起こりました。笑

本音口コミ!プラステンアップαの効果的な飲み方や最安値通販情報などを紹介!

娘ちゃんをお着替えさせて、さぁ家を出ようか?って時に娘が、泣き出しました。「ママ~っ!お尻痛いよ~泣」と言い出しました。私は「どーしたの?急に?」と、始めての子育てでもあり、ちょっとテンパり気味になりながらも少し様子を見る事にしました。そうすると、オムツの外れてない娘ちゃん。どうやら便意を模様してる感じ。私は「

うんうん、したいのね~。」なんて言って「頑張ってうんうん、出そうね。」って言ってたら、娘も「うん、がんばりゅ。」なんて可愛い事を言ってたので、その間娘の保育所のお着替え準備チェックとかをして居ました。で、それから、5分位でしょうか?急に火の着いた様に泣き出したのです。娘が。私はビックリして「どーしたの?大丈夫?何があったの?」と娘に問いかけて居たら娘ちゃんが「ママ~っ。おちり痛いの。」って泣きながら訴えて来るじゃないですか。私は、あーっ、下痢か何かでお尻が痛いのかな?って思い、「そうか、そうか、じゃあお尻キレイキレイしようね。」って言うと娘は首を縦に振りません。で、私は???って思い「じゃあ、ママがお尻見てあげるからね?」って言ってトレーニングパンツを下げて、愕然としました。と、言うのも娘はうんちをしてなかったんです。

そう、後肛門まで5センチ位の所にコロコロうんちが止まってたんです!娘は、私似にて?便秘気味な子だったので……。汗

私は、どうしたもんか?と悩みとりあえずベビーオイルを綿棒で娘の肛門周りに塗ってあげたりして、「頑張ろうね?うんち君も出たいって頑張ってるから。」とか、訳の分からない事を言って娘を勇気づけて「おちり痛い。痛い。泣」って言う娘を励ましてそれから15分~20分位かけて、何とか5センチ先のうんちが、無事出て来てくれました。それから、私はうんちネタの話しがある度、あの光景が思い浮かび今では、笑い話になって居ます。笑